Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
「放射線と健康」 アーネスト・スターングラス博士 Dr. Ernest Sternglass:『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために』 [単行本] 2011.7.8.発売
「放射線と健康」 アーネスト・スターングラス博士 Dr. Ernest Sternglass:『人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために』 [単行本] 2011.7.8.発売

 アーネスト・スターングラス博士は、ピッツバーグ医科大学放射線科の放射線物理学名誉教授です。

 1967年から同大学の放射線物理・工学研究所を指揮し、X線と放射線医療診断における放射線量を低減させる新しい投影技術の開発をしました。

 さらに、放射性降下物原子炉核廃棄物による人間の健康に対する広範囲な医学的影響調査研究を行い、その結果をアメリカ議会で発表しています。

 著書に「低レベル放射能」(1972年)、「隠された放射性降下物」(1981年)、「ビッグバン以前」(1997年)などがあります。

 現在は、ニューヨークの非営利団体である放射線と公共健康プロジェクトの科学ディレクターです。

 アメリカ物理学会会員であり、以前は北米放射線学会会員でした。 2006年3月、長年に渡って低レベル放射線の危険性を訴えているアーネスト・スターングラス博士が初来日し、全国で講演会を行いました。

 

スターングラス博士は、アメリカとソ連が核実験を繰り返していた冷戦当時、核実験の死の灰(放射性降下物質)による放射線の影響で世界の子どもたちの白血病やガンが急増している事実を議会で報告し、それがきっかけとなって米ソ核実験停止条約が締結されました。



以下は2006年青森市での講演記録です。


 スライド 01 私が原子力発電所からの放射線拡散に興味を持つことになったのは、最初の子どもが生まれた時です。ピッツバーグで、ちょうど家を建てていました。

 当時は冷戦最中で、死の灰から身を守るために核シェルターを作らなければならないと言われていました。私はアメリカ科学者同盟(Federation of American Scientists)のメンバーでしたが、ずっと前から私たちは米ソ軍備競争は止めなければならないと警告していました。

 当時、政府が、核爆発を何回行いその放射性降下物(死の灰:Fall Out)がどこに行ったのかという報告書を初めて出したので、私たちはそれを調査していました。

 議会で公聴会が開かれ、その際イギリスのアリス・スチュワート博士の論文が報告されました。スチュワート博士はオクスフォード大学で、イギリスの子どものガンや白血病が急増している原因について研究していました。

 彼女はガンや白血病になった子のお母さんのグループと健康なこどものお母さんのグループに100の質問アンケートを送りました。アンケートを回収すると驚いたことに、10歳未満のガンや白血病の子どものお母さんたちが妊娠中にエックス線を浴びていたことがわかりました。それが、わずかな放射線でも人体には影響を与えることの初めてヒントになりました。つぎのグラフがその研究結果です。

 スチュワート博士が発見したのは、数回のエックス線照射でガン発生率が倍増することです。この際、1回のエックス線の放射線量とは、自然界の環境放射線の約2年分に相当します。この放射線量というのは、大人にガンを発生させる量に比べるとその10分の1から100分の1に相当します。赤ちゃんや胎児は100倍も影響を受けるのです。また妊娠3ヶ月未満にエックス線を浴びたお母さんの子どもの幾人かは、ほかのお母さんのこどもより10〜15倍ガンの発生率が高かったのです。

 政府は(核戦争があっても)核シェルターから出てきてもまったく安全だと言いましたが、それは1000ラッドの放射線量の環境に出てくるわけです。それはエックス線を数千回浴びることに相当するわけですから、子どもたちが生き延びることは不可能です。

 ですから、このような人類の惨禍を防ぐために核兵器を廃絶しなければなりません。それで、私は、核実験の後のアメリカの子どもたちにどのような影響があるのか調べ始めました。


貴重な情報満載です:続きは上のタイトルから>>


人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために人間と環境への低レベル放射能の脅威―福島原発放射能汚染を考えるために
(2011/07/08)
ラルフ・グロイブ、アーネスト・スターングラス 他

商品詳細を見る
アーネスト・スターングラス博士:ピッツバーグ医科大学放射線科の放射線物理学名誉教授;ニューヨークの非営利団体「放射線と公共健康プロジェクト」の科学ディレクター。冷戦時代の核実験の死の灰(ファールアウト;放射性降下物質)の放射線が世界の子どもたちの健康に悪影響を及ぼし、白血病やガンの原因になっている事実を議会で報告し、米ソ核実験停止条約が締結されるきっかけを作った。


スポンサーサイト

テーマ:秘密保護法案 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/tb.php/9837-976bbe94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック