Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
山岸尚之 × 青木 理:「パリ協定からの離脱を表明したトランプ大統領、離脱の影響とは」プラス 2017.6.2.
山岸尚之 × 青木 理:「パリ協定からの離脱を表明したトランプ大統領、離脱の影響とは」プラス 2017.6.2.


アメリカパリ協定離脱の影響

(16:37)

Published on Jun 2, 2017 by 宇宙の起源:

「日本会議の正体」 (平凡社新書) 新書 – 2016/7/9
+++
JAM THE WORLD HP




テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

激震!イギリス総選挙〜メイ首相が陥った“カジノ民主主義”の罠 2017.6.11. 笠原 敏彦(現代ビジネス)
激震!イギリス総選挙〜メイ首相が陥った“カジノ民主主義”の罠 2017.6.11. 笠原 敏彦(現代ビジネス)


メイ首相が陥った“カジノ民主主義”の罠

EU離脱交渉は混迷に逆戻り…

▪️メイ首相の"オウンゴール"

「政治の世界では1週間は長い時間である」(ハロルド・ウィルソン英首相)

イギリスのテリーザ・メイ首相は今、悔やみきれない思いでこの政治的教訓を噛みしめていることだろう。

選挙キャンペーン開始時に地滑り的勝利が予想されながらも、8日に投開票された総選挙の結果は、保守党が過半数にも届かないという劇的な展開だった。

欧州連合(EU)との離脱交渉開始が迫る中、イギリスの政治そのものが「一寸先は闇」となってしまったのだから、事態は五里霧中というしかない。

再び「イギリス・ショック」である。そして、イギリス発の「サプライズ」はまだ続きそうな雲行きになってしまった。

総選挙を振り返り、イギリスの政治、EU離脱交渉の行方を探ってみたい。

* * *

選挙を一言で総括するなら、メイ首相の“オウンゴール”だった。




[激震!イギリス総選挙〜メイ首相が陥った“カジノ民主主義”の罠 2017.6.11. 笠原 敏彦(現代ビジネス)]の続きを読む

テーマ:国際政治 - ジャンル:政治・経済

ともに役職就任…加計学園の事業拡大で暗躍する2人の夫人 2017.6.15. (日刊ゲンダイ)

**つまりこの構図は、自分のお仲間に税金を流す、身内を役職につけてその恩恵|税金を自分の懐に逆流させると云うもの?
 輝く女性だったか、外で働きなさい、そのために再訓練をしてあげますよ、と云う政策が2年くらい(?)前に立ち上げられたが、その時にその訓練を請け負う企業として選ばれたのが、竹中平蔵が会長を務めるパ⚪️ナと、麻生大臣の弟が経営する九州の人材会社だった。これも家計学園と同じ構図。
 喰い物にされているのは、真面目に働いて税金を天引きされているあなたです。
 獣医学部の増設は本当に必要ですか?ここに流れた税金輝く女性たちを支える保育園幼稚園の増設に回したら、本当に必要な施設が増え、少子化対策にもなるはずでは?**


ともに役職就任…加計学園の事業拡大で暗躍する2人の夫人 2017.6.15. (日刊ゲンダイ)


ともに役職就任…加計学園の事業拡大で

暗躍する2人の夫人

 安倍首相が“腹心の友”と呼ぶ加計孝太郎氏が理事長を務める学校法人「加計学園」の事業拡大に、2人の夫人が加担していたことが次々に明らかになっている。安倍首相夫人の昭恵氏と、下村博文元文科相夫人の今日子氏だ。

 加計学園グループ傘下の学校法人「広島加計学園」が運営する英数学館小学校は、2013年9月に「グローバル教育説明会」を開いた。その宣伝チラシに〈英数学館イマージョン教育への功労者〉として、2人が写真入りで登場。〈安倍内閣総理大臣夫人から〉〈下村文部科学大臣夫人から〉とそれぞれ紹介され、コメントを寄せている。昭恵氏〈以前私も米国グレートフォールズ小学校との姉妹校締結の橋渡しをさせて頂き〉とつづり、今日子氏〈私がアメリカの小学校と英数学館のイマージョン教育同士の姉妹校提携の調印式に参列してから7年〉などと、学園への“貢献”を熱く語っている。


記事の続きは、上の タイトルから元記事へ>>

こちらの記事も是非ぞうど>> 森友問題に酷似 加計疑惑にも浮上した「日本会議」の線 2017.6.7.(日刊ゲンダイ)


テーマ:税金 - ジャンル:政治・経済

2017.4.28. 国会活動 〜 復興特別委員会:「新大臣 農家と直接話し合うの巻」 2017.6.9.(山本太郎議員)
2017.4.28 復興特別委員会「新大臣 農家と直接話し合うの巻」 2017.6.9.(山本太郎議員)


東電原発事故により広い範囲にばらまかれた放射性物質この

影響から人々の健康を守ることは国の責務


放射線管理区域と同等又はそれ以上で営農する農業生産者はどのような規則、法律で守られますか。

国務大臣(吉野正芳君)全く突然のことで、正直

まだ引継ぎもしておりません。


(15:54) 【山本太郎事務所編集】2017.4.28復興特別委員会 「新大臣 農家と直接話し合うの巻」


資料A= 資料A 日本原子力発電株式会社HP「(平成22年6月28日)原子力発電所における放射線管理の現状について」
資料①= 資料① 福島県農民運動連合会「県北定例土壌検査結果 2016年度」
資料②= 資料② イラスト 福島県農民運動連合会「県北定例土壌検査結果 2016年度」より
資料③= 資料③ 福島県農民運動連合会の申し入れ書

○山本太郎君 ありがとうございます。自由党共同代表、山本太郎です。自由・社民の会派、希望の会を代表して質問いたします。

大臣、就任おめでとうございます。そして、本日のお話の中から少しお伺いしたいんですけれども、余りにも急な辞任で、そこからばたばたと、前任の方との引継ぎもなく今日という日を迎えたという確認だけ、そのとおりだったかどうかということだけ教えてください。

○国務大臣(吉野正芳君) お答え申し上げます。

全く突然のことで、正直まだ引継ぎもしておりません。そういう、任命を受けてから、昨日は福島、宮城、連休には岩手、宮城という形で、本当にばたばたしている中での今日を迎えておりますので、本当にこれからもよろしくお願いしたいと思います。




[2017.4.28. 国会活動 〜 復興特別委員会:「新大臣 農家と直接話し合うの巻」 2017.6.9.(山本太郎議員)]の続きを読む

テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

内山節:安倍政権が「強い国家」を目指すほど、国家は結局弱くなる単純な理由 <【連載】たそがれる国家(3)> 2016.12.25.(現代ビジネス)
内山節:安倍政権が「強い国家」を目指すほど、国家は結局弱くなる単純な理由 <【連載】たそがれる国家(3)> 2016.12.25.(現代ビジネス)


国家とはそもそも無根拠性を基盤にした

創造物:
統治権の確立が、結果として

国家を生みだした
のであって、国家自体は

無根拠性の上に成立している。


<<どのような統治権を確立するかという問題であり、その推進が国家を生みだしただけなのである。国家自身に成立根拠があったわけではない。>>

▪️国家というもののとらえ方

国家のとらえ方は、時間幅の設定の仕方によって変化する。

それはこういうことである。

たとえば今日の私たちは電気のない生活など考えられない。ところが長い人類史のなかでは、人間が電気とともに暮らしたのはせいぜいこの100年間くらいのことであり、何をするにも電気が必要な生活をするようになってからは、まだ50年くらいしかたっていない。

人類史全体をみれば、電気のない生活の方がはるかに長いが、いまの私たちにはそんなことは想像することもできない。

国家も同じような面をもっている。50万年近い人類史をみれば、国家のない社会で人々が生きていた時間の方が圧倒的に長かった。

* * *

日本で国家の形成がはじまるのは律令制に向けた整備がはじまる頃で、乙巳の変(いっしのへん)、大化改新を起点としても、その前の冠位十二階の制定あたりを起点としたとしても、まだ1500年もたっていない。




[内山節:安倍政権が「強い国家」を目指すほど、国家は結局弱くなる単純な理由 <【連載】たそがれる国家(3)> 2016.12.25.(現代ビジネス)]の続きを読む

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済