Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
思考の種(547):1)福島原発事故「防げた」 前橋地裁が国と東電“断罪”の衝撃 & 2)反対派がお断りデモ このままでは「復興妨害五輪」になる
1)福島原発事故「防げた」 前橋地裁が国と東電“断罪”の衝撃 2017.3.18. (日刊ゲンダイ)


前橋地裁が国と東電“断罪”

福島原発事故「防げた」


判決では津波の予見性について、東京電力は遅くとも2002年には津波が来ることを予見でき、国は07年には東電に津波対策を命じるべきだったとバッサリ。

 画期的な判決だ。「経済合理性を安全性に優先させた」――。福島第一原発の事故によって群馬県内に避難した住民ら137人が損害賠償を求めていた集団訴訟で、前橋地裁原道子裁判長)は17日、国と東京電力の過失を認め、3855万円の損害賠償を命じた。

 福島原発集団訴訟で、国や東電の過失責任が認められたのは初めて。同様の集団訴訟は約1万2000人が全国の20地裁・支部で起こされていて、影響は計り知れない。

 裁判では、東電と国は責任逃れの姿勢に終始。東電は「巨大津波は予見できなかった」といい、国は「防潮堤建設などを命じるような規制権限はなかった」と逃げていた。判決では津波の予見性について、東京電力は遅くとも2002年には津波が来ることを予見でき、国は07年には東電に津波対策を命じるべきだったとバッサリ。


■「控訴なんてもってのほか」




[思考の種(547):1)福島原発事故「防げた」 前橋地裁が国と東電“断罪”の衝撃 & 2)反対派がお断りデモ このままでは「復興妨害五輪」になる]の続きを読む

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

木下 諄一:日本人が知らない、3.11で台湾から届いた義援金200億円の真実 2017.3.16.(現代ビジネス)
木下 諄一:日本人が知らない、3.11で台湾から届いた義援金200億円の真実 2017.3.16.(現代ビジネス)


3.11で台湾から届いた義援金200億円の

真実:

日台をつなぐ名も無き人々の感動秘話

今から6年前、未曾有の震災に見舞われた日本に、世界各国から温かなコメントと多くの義援金が寄せられた。その中で台湾からの義援金は総額200億円にものぼる。なぜ、これほどのお金を集めることができたのか。あのとき、台湾では何が起きていたのか。

台湾在住30年の作家・木下諄一は綿密な取材から、日本人が知らない真実を浮かび上がらせ、それを小説として書き上げた。『アリガト謝謝』。発売前に重版が決定した話題の一冊は、どのようにして産み出されたのか? 執筆の舞台裏を聞いた。



▪️あまりにも多岐にわたっていた寄付金の出どころ

――木下さんは台湾ではすでに台北文学賞を取られていますが、日本の読者には「はじめまして」の方が多いと思います。まずは簡単な経歴を教えていただけますか?

初めて台湾に行ったのは僕が学生だった1980年です。言葉を勉強するのが目的で、1年半ほど台湾にいました。

その後、日本で商社に就職したのですが、もう一度海外に行こうと昔のつてを頼って台湾に移り、大学の語学センターで日本語講師として働きました。さらには、観光雑誌の編集長を8年務め、独立して編集プロダクションを立ち上げたところ、うまく軌道に乗りまして。




[木下 諄一:日本人が知らない、3.11で台湾から届いた義援金200億円の真実 2017.3.16.(現代ビジネス)]の続きを読む

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

思考の種(546):1)「安倍さんに殺される!」愛川欽也が受けた圧力、そして最後まで訴えた反戦への思い、 2)証人喚問、3)またアベ友に…第2の森友の現場
1)「安倍さんに殺される!」愛川欽也が受けた圧力、そして最後まで訴えた反戦への思い 2015.4.19. (LITERA)


愛川欽也が受けた圧力、そして

最後まで訴えた反戦への思い


反戦憲法を守ることです」

 最期まで仕事復帰するつもりだった──。今月15日に死去した愛川欽也の最期の姿を、妻のうつみ宮土理が発表した。うつみによれば、愛川は仕事に戻ることに意欲を見せ、肺がんであることを公表しないでほしいと述べていたという。このうつみのメッセージに対しては、「愛川さんの仕事へのプライドには頭が下がる」「生涯現役を貫かれたのですね」など、仕事と真摯に向かい合った愛川の姿勢を称えるコメントがネット上に溢れた。

 俳優として、司会者として、映画監督として。さまざまな顔をもった愛川であったが、もうひとつ忘れてはいけないのが、彼の平和主義者としての側面だ。

 たとえば、愛川は東京都墨田区が主催する「平和メッセージ展」に21年間も出品。今年3月にも反戦憲法を守ることです」という言葉を届けていた。この言葉からもわかるように、愛川は積極的に憲法改正に反対を唱えてきた。

憲法を素直に読んでごらんなさいよ。これ、誰がこさえたか、最初が英文だったとか、そんなことはどうでもいいんだ。立派なもんだよ。「戦争放棄」、つまり武力でもってよその国と争うことはしないなんて言っちゃう憲法なんてね、ちょっと嬉しくない?」

「なんでも1番じゃなきゃいけないっていうのはもういいやと。オレ、日本は8番ぐらいでいいんじゃねえかと。

 でもさ、別の基準があって、「平和国家」と言えることは、すごく名誉なことだと思うんだけど、このごろの人たちは、あまり名誉だと思っていないみたいだな。

 たとえば、近隣諸国に馬鹿にされない、舐められないということが、国を守ること、愛することに、確かに通じちゃうんだね。ほんとうは、我々は戦争をしない国なんだ、ということでほかの国から尊敬されれば、それが国を愛することだと、ぼくは思うんですよ」(カタログハウス「通販生活」Webサイト掲載/2012年8月21日)




[思考の種(546):1)「安倍さんに殺される!」愛川欽也が受けた圧力、そして最後まで訴えた反戦への思い、 2)証人喚問、3)またアベ友に…第2の森友の現場]の続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

思考の種(545):1)横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」11 :被災者を苦しめる“アベ土建政治” 血税をドブに捨てる暴挙 & 2)森友問題を最初に追及 木村真市議が語った「疑惑の端緒」
1)横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」11 :被災者を苦しめる“アベ土建政治” 血税をドブに捨てる暴挙になぜ小池都知事は切り込まない!? 2017.3.17. (LITERA)


被災者を苦しめる“アベ土建政治

アベ土建政治に切り込まない小池都知事

「小池百合子都知事の“好意的記者”ランキング! トランプそっくり」と銘打った本連載がリテラに掲載された8日後の3月10日、小池都知事会見で筆者は半年ぶりに指名され、震災復興事業などについて質問をした。復興五輪をアピールして被災地を訪問したばかりの小池都知事に対し、大型公共事業優先アベ土建政治が被災地を苦しめている現状について聞いてみた。

──(若狭勝衆院議員が「効果が乏しい」と指摘するテロ等準備罪について安倍首相に申入れをするかと聞いた後)昭恵夫人は防潮堤見直しを安倍総理に言っても全然、森友(学園の感想を伝えたとき)と違って聞き入れなくて、被災地ではまさにハード中心の復興事業からソフトに転換するのが必要ではないかと、全国的な公共事業抑制も求められていると。小池都知事が訪問した岩手県、宮城県では、工事費高騰、入札不調が深刻化して、仮設住宅から出ようとしたら坪単価が倍ぐらいになって家が建てられない。まさに資材人手不足による工事費高騰解消のために全国的な公共事業抑制が必要だと思うのですが、この点について、安倍総理に申し入れをされないのでしょうか。(以下略。オスプレイの夜間飛行や低空飛行の規制で日米地位協定改定を申入れるかも質問)

小池都知事「安倍総理への申入れをするかどうかというお話でございましたけれども、答えは1つで、致しません。これは全て国に関係することでございますので、政府の方でしっかり対応していただきたい。その3つ合わせ技ですいません」




[思考の種(545):1)横田一「ニッポン抑圧と腐敗の現場」11 :被災者を苦しめる“アベ土建政治” 血税をドブに捨てる暴挙 & 2)森友問題を最初に追及 木村真市議が語った「疑惑の端緒」]の続きを読む

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

伊勢崎賢治:南スーダンの自衛隊を憂慮する皆様へ〜誰が彼らを追い詰めたのか? 2016.9.27.(現代ビジネス)
伊勢崎賢治:南スーダンの自衛隊を憂慮する皆様へ〜誰が彼らを追い詰めたのか? 2016.9.27.(現代ビジネス)


ゼロからわかるPKOの今

地球上で起こる「武力の行使」を

戦勝五大大国が牛耳る。これが国連

▪️内戦に対して国際社会はどうするか

今から20年以上も前の1994年、アフリカの小さな国で、大変なことが起こりました。ルワンダ大虐殺です。一般市民が、100万人亡くなりました。100日間で100万人の虐殺です。

典型的な内戦、一つの国の中の内輪揉めです。つまり、政府反政府ゲリラが戦うという構図です。

こういう国で、なぜ内戦が起こるのか。そこを植民支配していた西洋の列強国がいけないに決まっているのですが、歴史を後悔してばかりもいられません。現在進行形で多くの罪もない市民が犠牲になるのですから。

こういう問題を、国際社会としてどう解決していくか。国連の出番です。でも問題があります。

* * *

そもそも国連とはなにか。

ボツダム宣言でいうところの地球侵略を企てた不埒者(我々日本のことですね)をボコボコにして成敗した第二次世界大戦後、二度とこのような不埒者つまり侵略者を出さないため、地球上で起こる「武力の行使」を戦勝五大大国が牛耳る。これが国連です。




[伊勢崎賢治:南スーダンの自衛隊を憂慮する皆様へ〜誰が彼らを追い詰めたのか? 2016.9.27.(現代ビジネス)]の続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済