Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(717): Auburn, CA to Oregon (32)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるテハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から約1時間半ほど北上し、マウント・シャスタ (Mount Shasta) 近辺のシャスタ・トリニティ・ナショナル・フォレスト (Shasta Trinity National Forest) 地区の横道での植物チェック後、宿のあるウィード (Weed, CA) へ向かう。

マウント・シャスタ自体の高さは4,322 mあるので、パンサー・メドウ (Panther Meadow) は5合目辺りと言うことになる。この写真を撮った場所は森林限界に近い場所で、乾燥度も高い。1,500m前後ではないかと思う。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0162-4.25.16.(3).jpg

火山性の石ころがゴロゴロしているこの場所には、マウンテン・マホガニー (Mountain Mahogany) 、学名:(Cercocarpus ledifolius) が満開だった。北米西部に広く分布している灌木/樹木で、通常見るものは2−3mだが、大きなものは10m前後にまで育つ。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mountain Mahogany, CA_DSC0163-4.25.16.(3).jpg

バラ科の灌木で、花が終り種になると、ふさふさしたひげ状の姿になる。長寿な灌木で、現在知られている樹齢は1,350年だそうだ(切ってしまった!)。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, Moutain Mahogany, CA 2_DSC0165-4.25.16.(3).jpg

マンザニータにも種類が多いが、この場所では、多分、グリーンリーフ・マンザニータ (Greenleaf Manzanita) 、学名: (Arctostaphylos patula) であろうと思われる。背丈は1〜2m。

ツツジ科の灌木で、北米西部の針葉樹林に自生する。このマンザニータは中でも分布範囲が広く、北はワシントン州、東はコロラド州、西は太平洋沿岸部、南はメキシコ州のバハ・カリフォルニア (Baja California) まで。

実はクマやコヨーテやキツネなどが食べるが、発芽には火事とその後の寒い時期が必要だという。条件が揃うまで、地中で何百年も待つことができるのだそうだ。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, Manzanita, CA 2_DSC0184-4.25.16.(3).jpg

これがこの日の見納めの山。宿へ直行。宿までは約15km。比較的ゆったりとした1日となった。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0185-4.25.16.(3).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(716): Auburn, CA to Oregon (31)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるテハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から134号線東でマウント・ラッセン国立公園 (Mt. Lassen NP) へ向かうが、今回も公園内へは行かずに引き返す。横道の松の林で道草をした後、急ぎ宿へ向かう。

約1時間半ほど北上し、マウント・シャスタ (Mount Shasta) 近辺のシャスタ・トリニティ・ナショナル・フォレスト (Shasta Trinity National Forest) 地区の横道での植物チェックも終わり:夕方になりつつあり、人気も無い場所なので退散。この辺りは小型のカリフォルニア・ブラック・ベア (California Black Bear) 、学名:(Ursus americana californiensis) が出没する地域で、マウント・シャスタへ登る自動車道の縁で、各種木の実を食べている姿を目撃することもある。

カリフォルニアのクマの頭数は、1982年の調査では州内に10,000〜15,000と見られていたが、現在は30,000頭前後を数えるらしい。かち合わ無いように、山にいる時は、常に注意が必要だ。

横道から5号線に戻り、ウィード (Weed, CA) へ向かう。途中、展望台があり、マウント・シャスタが見えるようになっているのだが、展望台が出来てから時間が経っているため、周辺の樹木の背が伸び、景観が遮られている感じは拭えず。
だが、山の案内図も設置されており、ポイントが紹介されている。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0148-4.25.16.(3).jpg

1番から15番まで:夏でも雪が残るこの山は、登山をする場合、「原生自然」へ入ることになるため、申告が必要だ。
そのトレイルの入り口のあるパンサー・メドウ (Panther Meadow) までは行ったが、奥までは入っていない。標高は約2,300mで、周辺のトレイルも多く、見晴らしも良い場所だ。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0149-4.25.16.(3).jpg

この展望台からマウント・シャスタを撮るのは止めて、次の見晴らしの良い横道へ入り、シャスタの姿を確認。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0157-4.25.16.(3).jpg

4月下旬なので山全体が雪に覆われているが、近年、夏になるとほとんど雪が無くなるようになっている。マウント・シャスタは地球上の霊的パワー・スポット7山の一つに入っていたと思うが、この山に行くと、毎回、不思議な人たちに遭遇する。

blog 44 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Mt. Shasta, CA_DSC0159-4.25.16.(3).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(715): Auburn, CA to Oregon (30)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるテハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から134号線東でマウント・ラッセン国立公園 (Mt. Lassen NP) へ向かうが、今回も公園内へは行かずに引き返す。横道の松の林で道草をした後、急ぎ宿へ向かう。

レッド・ブラフからマウント・シャスタ (Mount Shasta) までの距離は約150km、法定速度内で高速5号線を北上すると、時間にして約1時間30分。シャスタ・トリニティ・ナショナル・フォレスト (Shasta Trinity National Forest) がある場所だ。

日本のウワミズザクラ <上溝桜> 、学名:(Padus grayana) の仲間のビッターベリー (Bitter-berry) 、あるいはチョークチェリー (Chokecherry) 、学名:(Prunus virginiana) の花。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Cherry?, CA_DSC0144-4.25.16.(2).jpg

北米に自生するバラ科の樹木で5mほどの高さになる。葉は楕円形で3〜10cm前後。実は直径1cmほどで、赤く若い実は特に渋い。熟すと実の色は黒に近い色になる。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Cherry?, CA_DSC0145-4.25.16.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(714): Auburn, CA to Oregon (29)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるテハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から134号線東でマウント・ラッセン国立公園 (Mt. Lassen NP) へ向かうが、今回も公園内へは行かずに引き返す。横道の松の林で道草をした後、急ぎ宿へ向かう。

約1時間半ほど北上し、マウント・シャスタ (Mount Shasta) 近辺のシャスタ・トリニティ・ナショナル・フォレスト (Shasta Trinity National Forest) 地区の横道に入り植物チェック中:

ボランダーのパスィフィック・ピー (Bolander's Pacific Pea) 、 ボランダーのピー (Bolander's Pea) 、ペイル・パスィフィック・ピー (Pale Pacific Pea) 、学名:(Lathyrus vestitus var. ochropetalus) と思われるマメ科の植物。カリフォルニア州の低木林環境に自生。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Foothill Peas, CA_DSC0128-4.25.16.(2).jpg

同じような環境で見かけるライナンサス (Linanthus) の一種、トゥル−・ベイビィスターズ (True Babystars) 、学名: (Leptosiphon bicolor) 。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Linunthus, CA_DSC0141-4.25.16.(2).jpg

1年草でカリフォルニア州に自生。他の州でも見られるが、北米西部に限られる。背丈は20cm前後。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Linunthus, CA 2_DSC0147-4.25.16.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

番外編:カリフォルニア(713): Auburn, CA to Oregon (28)
2016.4.25 .:5号線沿いにあるテハマ郡レッド・ブラフ (Red Bluff, Tehama County, CA) から134号線東でマウント・ラッセン国立公園 (Mt. Lassen NP) へ向かうが、今回も公園内へは行かずに引き返す。横道の松の林で道草をした後、急ぎ宿へ向かう。

レッド・ブラフからマウント・シャスタ (Mount Shasta) までの距離は約150km、法定速度内で高速5号線を北上すると、時間にして約1時間30分。シャスタ・トリニティ・ナショナル・フォレスト (Shasta Trinity National Forest) がある場所だ。

高速を降りて横道に入り、植物チェック中:森の縁の水気が多そうな場所に点々とピンクの花が見えてきた。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Shasta Lake area, Bleeding Heart, CA_DSC0137-4.25.16.(2).jpg

フサフサと茂った柔らかそうな緑の葉に囲まれて、ウェスターン・ブリーディング-ハート、パスィフィック・ブリーディング-ハート (Western or Pacific Bleeding-Heart) 、学名:(Dicentra formosa) が満開だった。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Bleeding Heart, CA 2_DSC0139-4.25.16.(2).jpg

花の色には、ピンク、赤、白色があるらしいが、これまでに見たのは、このピンク色のものと白色のものだ。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Bleeding Heart, CA_DSC0142-4.25.16.(2).jpg

背丈は約45cm、横幅は60cmほど。水気の多い森や小川の縁など、カリフォルニアからカナダのブリティッシュ・コロンビア州まで分布する。

blog 43 Auburn to Weeds on 5N, Lake Shasta area, Bleeding Heart, CA_DSC0143-4.25.16.(2).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報