Yoko's 人生=旅 on this Blue Planet
高速回転中の青い惑星地球、負けじと走り回る一人の記録。
番外編:カリフォルニア(906): Oregon (190) Back to オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)
2016.5.8.:同じ道を辿ってまたオチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) へ:今回は、前回見残した林道27号、ラッキー・ストライク・クレイム (Lucky Strike Claim) へ通じる道へ。

ホワイト・ミュール・イアーズの自生地から少し高度が上の乾燥した斜面には、細い針金のような茎の先に小さなブルーの花を咲かせるメイドン・ブルー・アイド・メアリー (Maiden Blue Eyed Mary) 、学名: (Collinsia parviflora) が見えた。(続く)

blog 54 Prineville to Ochoco National Forest (USFS Road #2730), Lucky Strike Mine, Blue-eyed Mary, OR_DSC1958-5.8.16.(1).jpg

クサキョウチクトウ属のスレンダー・フロックス (Midget Phlox, Slender Phlox) 、学名 (Microsteris gracilis) がブルーの中に混じって顔を出していた。

blog 54 Prineville to Ochoco National Forest (USFS Road #2730), Lucky Strike Mine, Blue-eyed Mary & Phlox ?, OR_DSC1959-5.8.16.(1).jpg

スレンダー・フロックスもブルー・アイド・メアリーも背丈が5 〜 20 cm前後しかない。

blog 54 Prineville to Ochoco National Forest (USFS Road #2730), Lucky Strike Mine, Phlox ?, OR 2_DSC1960-5.8.16.(1).jpg

極々小さな野草だが、1本の茎の先端から出ている花の数は多い。

blog 54 Prineville to Ochoco National Forest (USFS Road #2730), Lucky Strike Mine, Blue-eyed Mary, OR 2_DSC1961-5.8.16.(1).jpg

細みの野草同士が隙間もないほどギッシリと斜面を覆っていた。

blog 54 Prineville to Ochoco National Forest (USFS Road #2730), Lucky Strike Mine, Blue-eyed Mary & Phlox ?, OR_DSC1962-5.8.16.(1).jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(69)
2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。

北米で一番低い海抜マイナス86メートルの塩の結晶で覆われた谷底バッドウォーター (Badwater) とその向かい側のパナミント山系 (the Panamint Range) に聳える3,366mのテレスコープ・ピーク (Telescope Peak) 、そしてこの谷は今でも東西に引っ張られておりさらに深くなる可能性があると云う。大地も生きているのだ。

そんな土地に咲く「可愛らしい」範疇の野草たち。引き続きピンクのデザート・サンド・ヴァーベナ (Desert Sand Verbena)|別名:ワイルド・ランタナ (Wild Lantana) 、学名: (Abronia villosa) 。

blog 13 95S-178W Shoshone to Badwater, Salsbury Pass @3315, Jubilee 1293ft, Pink Sand Verbena, CA_DSC7638-3.21.17.jpg

2017年のデス・ヴァレーの降雨量は芳しくなく、メキシコにもっと近いカリフォルニア南部ではスーパー・ブルームと言われるほど大量の野草が開花したが、デス・ヴァレーはまったくと言っていい程不作だった。このヴァーベナもたくさんの花を咲かせているが、葉の様子を見ると、ちょっと苦しそう。

blog 13 95S-178W Shoshone to Badwater, Salsbury Pass @3315, Jubilee 1293ft, Pink Sand Verbena, CA_DSC7641-3.21.17.jpg

アオイ科のデザート・ファイヴスポット (Desert Fivespot) 、学名: (Malvastrum rotundifolium) は、デス・ヴァレーの他に南西部のモハヴィ砂漠 (Mojave Desert) やコロラド砂漠 (Colorado Desert) に自生するだけあって、繊細な花の姿に似合わぬ頑丈さを持っている。

花の内部の画像は>>番外編:カリフォルニア(437): Eastern Sierra Nevada & Death Valley (41)

blog 13 95S-178W Shoshone to Badwater, Salsbury Pass @3315, Jubilee 1293ft, Pink Sand Verbena & Five-Spot, CA 2_DSC7642-3.21.17.jpg

同じく暑く乾燥した土地でも大丈夫なサンド・ヴァーベナや小さな白い花をつけるポップコーン・フラワー (Popcorn Flowers) 、学名:(Genus Plagiobothrys) と一緒に小さな庭を形成していた。

blog 13 95S-178W Shoshone to Badwater, Salsbury Pass @3315, Jubilee 1293ft, Pink Sand Verbena & Five-Spot, CA 2_DSC7643-3.21.17.jpg

ファイヴ・スポットはこれから咲くだろう蕾を沢山持っていたが、葉の状態から見ると、何とか全部咲かせることができそうに見えた。

blog 13 95S-178W Shoshone to Badwater, Salsbury Pass @3315, Jubilee 1293ft, Pink Sand Verbena & Five-Spot, CA 2_DSC7644-3.21.17.jpg


テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

思考の種(616): 1) 朝鮮半島緊張で起死回生狙う安倍首相に騙されるな、2) 統合幕僚監部の30代の3等空佐の「お前は国民の敵だ」発言 & 3) 国家も君主の世襲財産のごとく!「家産制国家」
1)田中龍作ジャーナル:シリア空爆の真意 朝鮮半島緊張で起死回生狙う安倍首相に騙されるな 2018.4.16.


「シリア空爆は北朝鮮空爆の予行演習」

「北朝鮮への脅しであり、茶番だ」

写真:空爆の翌日、中東情勢に関心を寄せる聴衆が集まり、会場は満席となった。=15日夜、都内 撮影:取材班=

 明日17日から4日間の日程で安倍首相が訪米する。森・加計で追い込まれた安倍首相は起死回生の一発を狙ってくるだろう―

 「シリア空爆は北朝鮮空爆の予行演習」と語るのはイスラム法学者の中田考(こう)同志社大学客員教授だ。

 14日、米英仏軍によるシリア空爆は世界に衝撃を与えた。これを受けて翌15日、都内で開かれた緊急講演会で中田氏は「北朝鮮への脅しであり、茶番だ」と切り捨てた。


記事の続きは上の タイトルから元記事へ>>




2)田中龍作ジャーナル:次はクーデター 幹部自衛官が国会議員に「お前は国民の敵だ」 2018.4.18.


統合幕僚監部の30代の3等空佐:「お前は国民の敵だ」

統合幕僚監部陸・海・空の3自衛隊を束ね指揮する中枢組織だ。今回の日報隠しでは中心的な役割を担っていた。渦中の組織に所属する幹部自衛官が国会議員を「お前は国民の敵だ」と言ってのけたのである。」


[思考の種(616): 1) 朝鮮半島緊張で起死回生狙う安倍首相に騙されるな、2) 統合幕僚監部の30代の3等空佐の「お前は国民の敵だ」発言 & 3) 国家も君主の世襲財産のごとく!「家産制国家」]の続きを読む

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(348):2018年04月19~20日** 2) - 1) シリア空爆は「北朝鮮への脅しであり、茶番だ」、2) -2) 「お前は国民の敵だ」、2) - 3) 国家も君主の世襲財産のごとく!「家産制国家」
**アメリカ政治雑感:4/19 - CA 時間 ニュースを見る時間も無かった週末も過ぎ、最初に見たニュースには何と日本の首相がアメリカの大統領と一緒に登場。『朝鮮半島を囲む情勢が急展開を見せている今、「蚊帳の外」になっていた日本は、、、』と云う枕詞が付いている。フロリダの大統領私宅で歓迎を受けていたようだが、さすがに疲労は隠せない様子。
 それとは別に韓国のムン大統領の米朝仲介役が評価されているようだ: How He Brought Trump and Kim Jong-un Together 2018.3.9. (NYT)
 共和党は(声を出せない状況の?)少数派を除いて大方がFBIの特別捜査官ボブ・モラー氏の動きを阻止しようとしているが、捜査妨害としか見えない司法省への攻撃が続いているようだ。ロシア問題捜査から手を引いたセッションズ司法長官に代わってローゼンスタイン副司法長官が指揮を執っているのだが、共和党の特に大統領に近い議員たちが「弾劾」までチラつかせてロシア問題とクリントン元大統領候補の電子メール捜査に関わっている/いた関係者に関する書類を提出するよう要請している。
Trump allies press Rosenstein in private meeting in latest sign of tensions 2018.4.18. (WaPo)
 上のニュースは昨夜のものだが、今日になって元ニュー・ヨーク市長のジュリアーニ氏が、ロシア問題捜査を終わらせるために大統領の私的弁護ティームに参加すると大統領の個人弁護士ジェイ・サカローが発表した。だが、CNNのインタヴューでジュリアーニは彼の弁護ティームでの役割は制限されたものだと発言。
 特別捜査官モラー氏とは司法省時代/ニュー・ヨーク市長時代を通じての長い付き合いであること、大統領はモラー氏の解任を考えていないこと、解任は非生産的であること、モラー氏以上の仕事をする人はいないこと、「フェアー」であることなどを電話を通して伝えていた。
 大統領は「難しいクライエント」であると云う表向きの理由で複数の大手法律事務所は弁護ティームに入ることを拒否しており、十分な弁護ができない状態であると言われている。
Giuliani says he is joining Trump's legal team to help bring Mueller probe to a conclusion 2018.4.19. (CNN)
・米朝首脳会談は開催されそうな状態になっているが、もし結果がでないようであれば、中途退席もあり得ると大統領発言
TPPには参加しないと再発言ー二国間の貿易協定の方が良い
・アメリカの国連大使ニッキー・ヘイリー氏がロシアに対する新しい経済制裁を発表後、翌日にはそれが無かったことになり、カドロー氏が「混乱したのだろう」と評したことに対して「私は混乱を来しません」とヘイリー氏が応酬。皆が疑問に思っているのは、国連での発表後から翌日の間に「何が起こったのか?」だが、まだ不明。
Haley's retort shows why she's unique in Trump's White House 2018.4.19. (CNN)
・大統領の派手なパフォーマンスが続いている間に、お隣のキューバではミゲル・ディアズ-カネル氏が新大統領に就任とのニュース。86歳になったラウル・カストロ大統領の仕事を継ぐが、革命以来初の「カストロ」以外の大統領になる。
 2021年にラウル・カストロ大統領が共産党の党首から退くため、57歳のカネル氏は、2021年に党首となる。それまでは権力の分断が無いように、カネル氏は第一書記として務めると云う。
 また大統領の任期は1期5年で2期まで、とカストロ氏が提案している。これまでと大きく異なる流れとなる。
Miguel Diaz-Canel named Cuba's new president 2018.4.19. (CNN)
 週末も週日も応援訪問してくださる皆様、ありがとうございます。
 良い週末を!😊



**2月から週末ブロガーになりました

2011年の大震災、原発事故以来、ほぼ毎日ブログの更新を続けてきました。今はまた憲法改悪で日本が戦争国家へ舵切りされそうな重大局面です。火山の噴火や地震の頻発も、さらにこれらの原発への影響も、これから大問題になるかと危惧される時期ですが、しばらく週末だけのブログ活動に切り替えます。拍手やコメントで応援してくださった方々、更新頻度が落ちるだけで方針は変わりませんので、今後とも宜しくお願い致します!
 皆様におかれましては引き続きお元気にお過ごしくださいますように!**



 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.04.19.~20.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年04月19~20日:

0)番外編:カリフォルニア(906): Oregon (190) Back to オチョコ国有林公園 (Ochoco National Forest)

 2016.5.8.:同じ道を辿ってまたオチョコ国有森林公園 (Ochoco National Forest) へ:今回は、前回見残した林道27号、ラッキー・ストライク・クレイム (Lucky Strike Claim) へ通じる道へ。
 ホワイト・ミュール・イアーズの自生地から少し高度が上の乾燥した斜面には、細い針金のような茎の先に小さなブルーの花を咲かせるメイドン・ブルー・アイド・メアリー (Maiden Blue Eyed Mary) 、学名: (Collinsia parviflora) が見えた。(続く)



1)モハヴィ砂漠からデス・ヴァレーへ "Mojave to Death Valley, CA"(69)

 2017.3.21.:95号線と178号線のジャンクションの南に位置する人口30人前後のショショニ村 (Shoshone Village, Inyo CO., CA) で植物の様子を少し見た後、178号線でデス・ヴァレー国立公園 (Death Valley National Park) 内に入る。
 北米で一番低い海抜マイナス86メートルの塩の結晶で覆われた谷底バッドウォーター (Badwater) とその向かい側のパナミント山系 (the Panamint Range) に聳える3,366mのテレスコープ・ピーク (Telescope Peak) 、そしてこの谷は今でも東西に引っ張られておりさらに深くなる可能性があると云う。大地も生きているのだ。
 そんな土地に咲く「可愛らしい」範疇の野草たち。引き続きピンクのデザート・サンド・ヴァーベナ (Desert Sand Verbena)|別名:ワイルド・ランタナ (Wild Lantana) 、学名: (Abronia villosa)



2)思考の種(616): 1) 朝鮮半島緊張で起死回生狙う安倍首相に騙されるな、2) 統合幕僚監部の30代の3等空佐の「お前は国民の敵だ」発言 & 3) 国家も君主の世襲財産のごとく!「家産制国家」

1) 「シリア空爆は北朝鮮空爆の予行

演習」


「北朝鮮への脅しであり、茶番だ」


2) 統合幕僚監部の30代の3等空佐:

「お前は国民の敵だ」

「統合幕僚監部は陸・海・空の3自衛隊を束ね指揮する中枢組織だ。今回の日報隠しでは中心的な役割を担っていた。渦中の組織に所属する幹部自衛官が国会議員を「お前は国民の敵だ」と言ってのけたのである。」

3) 国家も君主の世襲財産のごとく!

「家産制国家」

「朕は国家なり」の絶対君主制




[地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(348):2018年04月19~20日** 2) - 1) シリア空爆は「北朝鮮への脅しであり、茶番だ」、2) -2) 「お前は国民の敵だ」、2) - 3) 国家も君主の世襲財産のごとく!「家産制国家」]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

アメリカ政治 関連ニュース (15): 12/17/17〜3/24/18 ニュースまとめ:3/23 トランプ大統領の「3つの戦争」、ハース:「現代史上もっとも危うい時だ -- それも大方が我々の身から出た錆で、事件によって引き起こされたものではない。」

**アメリカ政治雑感:3/24 - CA 時間 2−3日前、春の雪嵐に見舞われたワシントン D.C. だが、土曜日の今日は好天:アメリカ全土で、東京も含めた地球上の各地で銃規制の改善を求める高校生を中心にした集会が開催されている。 March for Our Lives: Top moments that made up a movement 2018.3.24. (CNN)D.C. でインタヴューされていた学生の一人は13歳だった。今、壇上でスピーチをしているのは11歳の女子だ。そして9歳のアフリカ系の女子は市民権運動の旗手だったキング牧師の孫娘だった。
 フロリダ州パークランド (Parkland, FL) の高校で17名が命を奪われた1ヶ月前の銃撃事件を発端に始まったこの運動、1999年4月20日に起きたコロラド州コロンバイン高校で起きた銃撃事件以降に誕生した若者が中心になっている。(「トランプを弾劾せよ」のTVキャンペーンを張っていた億万長者のトム・スタイヤーの姿も見えた。)
 コロンバインからパークランドの間には、2007年4月16日のヴァージニア州の州立ヴァージニア工科大学の銃撃事件(犯人も含めて33人が死亡)、2012年12月14日に28人(大多数が6〜7歳の子供たち)が銃殺されたコネチカット州サンディ・フック小学校で起きた銃撃事件、2016年6月12日のフロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブでのテロ攻撃(犯人も含めて50名の犠牲者)、そして去年10月1日にネヴァダ州ラス・ヴェガスで起きた59名(犯人も含む)が殺戮された事件など記録見ているだけで滅入ってしまう事件が続いている。
 政治家に大きな影響力を持つ全米ライフル協会の働きもあり、銃規制がゆるいままで、戦場で使われる自動小銃やライフルが巷で簡単に買えてしまう。去年のラス・ヴェガスのコンサート会場を高層階から狙い撃ちした事件からまだ6ヶ月なのに、既に遠い昔の事件のような流れになってしまっている。
 「若者」たちが、不甲斐ない大人たちに対して決断を迫っている、今を、未来を自分たちの手で変えようとしている。
 中世イギリスの法律では、10歳は大人として裁かれた。日本では、数えの15歳前後で元服式や褌祝をし、成人の仲間入りをした。
 集会に参加している若者の一人は、僕は15歳からバイトして所得税を払っている、何も言えないのはおかしい的発言をしていた。日本では高校生の政治的活動を禁止、あるいは制限しているところが多いようだが、果たしてそれで18歳有権者は「賢い有権者」になるのだろうか?
 学校でも家庭でも、もっともっと政治を身近なものとする必要がある。親が一緒に参加すれば、全く問題ないことだろうと思うが、日本の場合は、親世代の考え方から変えて行く必要があるのかも知れない。
 民主主義は一人一人が参加しなければ、どんどん劣化する。一部の集団のしたい放題に社会を変えられてしまう。戦争も然りだ。
 "We cannot make America great, if we cannot keep America safe." とパークランドの高校生が壇上で話しているが、それはアメリカだけでなくこの地球社会に関しても言えることだ。
 今日のワシントン D.C. は大統領の就任式を大きく超える若者で埋め尽くされている。希望だ。**





[アメリカ政治 関連ニュース (15): 12/17/17〜3/24/18 ニュースまとめ:3/23 トランプ大統領の「3つの戦争」、ハース:「現代史上もっとも危うい時だ -- それも大方が我々の身から出た錆で、事件によって引き起こされたものではない。」]の続きを読む

テーマ:アメリカ生活 - ジャンル:海外情報

地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(348):2018年04月16~18日** 1)水を入れること、格納容器の圧力を 抜くこと、この二点だけを考えていた ▪️私、死のうと思いました。
**アメリカ政治雑感:4/15 - CA 時間 ニュースがほとんど入らない環境のため、雑感は無し!ですが、ロデオ大会会場内のMCの発言(ヒラリーはいつになったらライムライトの外へ出るのだ!)に代表されるように、完全に共和党。なかなか入りにくい環境です。😅
 今日はロデオ大会最終日。やっと午前中、大会前の時間が少し空いたので記事のまとめを街中のスターバックス店内で作成中。去年と異なり、今年は好天に恵まれ撮影環境は(暑く埃まみれだけれど)快適。
 残念ながら、CA時間の明日月曜日か火曜日まで皆さんのブログへの訪問ができません。悪しからずご了承ください。
 日本は週明けですね。良い週になりますように!😊



**2月から週末ブロガーになりました

2011年の大震災、原発事故以来、ほぼ毎日ブログの更新を続けてきました。今はまた憲法改悪で日本が戦争国家へ舵切りされそうな重大局面です。火山の噴火や地震の頻発も、さらにこれらの原発への影響も、これから大問題になるかと危惧される時期ですが、しばらく週末だけのブログ活動に切り替えます。拍手やコメントで応援してくださった方々、更新頻度が落ちるだけで方針は変わりませんので、今後とも宜しくお願い致します!
 皆様におかれましては引き続きお元気にお過ごしくださいますように!**



 日本国憲法前文:そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 Government is a sacred trust of the people, the authority for which is derived from the people, the powers of which are exercised by the representatives of the people, and the benefits of which are enjoyed by the people.


 

憲法改正への政治ゲーム:駆けつけ警護

自衛隊員の犠牲も厭わず、何とか

して自衛隊に銃を撃たせたい人たち


(9:30) ダイジェスト版



 




今日の新規アップ記事:

2018.04.16.~18.
記事は7時以降の

アップです。



ご訪問ありがとうございます。アップする記事の数が多いので、要点付きの目次をトップに置く事にします。この目次から、あるいはテンプレートの左側の最新記事コラムから記事本体に行けますので、よろしく!!



「真の文明は山を荒らさず,

川を荒らさず、村を破らず、

人を殺さざるなり」

「少しでも、人のいのちに、

害ありて、少しくらいは、

よいと云ふなよ」


        田中正造



「宮澤賢治は、「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はありえない」と記しました。私は「世界ぜんたい」とは、人間のみを指すのではないと思います。人間を含めたこの世界全体が幸せになることを、賢治さんは願っていたはずです。またそう考えなければ、この地球という星を守ることはできないところにまで私たちは追い詰められてしまったと思います。」ー小出裕章




B)今日の新規アップ記事:2018年04月16~18日:

0)アメリカ政治 関連ニュース (15): 12/17/17〜3/24/18 ニュースまとめ:3/23 トランプ大統領の「3つの戦争」、ハース:「現代史上もっとも危うい時だ -- それも大方が我々の身から出た錆で、事件によって引き起こされたものではない。」

3/23 - トランプ大統領は「3つの前線で戦争に挑もうとしている:政治的に(FBI特別捜査官)ボブ・モラー氏と、経済的には貿易で中国/他国と、そして現行のイランおよび/あるいは北朝鮮と」と金曜日にハースはツウィートした。

「現代史上もっとも危うい時だ -- それも大方が我々の身から出た錆で、事件によって引き起こされたものではない。」



1)調書は語る 吉田所長の証言 (6) 3号機も水素爆発  ものすごい恨みつらみ 2014.9.22.

水を入れること、格納容器の圧力を

抜くこと


この二点だけを考えていた


▪️私、死のうと思いました




[地震に注意!!〜今日の新規アップ記事(348):2018年04月16~18日** 1)水を入れること、格納容器の圧力を 抜くこと、この二点だけを考えていた ▪️私、死のうと思いました。]の続きを読む

テーマ:アメリカ縦断/横断の旅 - ジャンル:海外情報

調書は語る 吉田所長の証言 (6) 3号機も水素爆発  ものすごい恨みつらみ 2014.9.22.
調書は語る 吉田所長の証言 (6) 3号機も水素爆発  ものすごい恨みつらみ 2014.9.22.


水を入れること、格納容器の圧力を

抜くこと、この二点だけを考えていた

 東京電力福島第一原発3号機が、水素爆発を起こした1号機と同様の危険な状態になりつつあることは、吉田昌郎(まさお)所長も重々認識していた。建屋に水素がたまりつつある危険性も。それでも暴走を始めた原子炉はどうにもならず、建屋の上部に行って水素ガスを抜こうにも、放射線量が高く、手の出しようがなかった。結局、3号機も水素爆発を起こしてしまった。 (肩書はいずれも当時)


▪️何だかんだ外の人は…

 -核燃料の相当部分が露出している認識は。

 「もちろんあります。ちょっとでも早く止められるような方策を練らないといけないというのが、私の至上命題。水を入れること、格納容器の圧力を抜くこと、この二点だけを考えていたが、遅いだ、何だかんだ外の人は言うんですけれども(できなかった)」

 -ベントの準備は。

 「圧力が上がって、ラプチャーディスク(誤って弁が開いても、汚染蒸気を外部に出さないよう配管内をふさぐステンレス板)を開けば(炉内の蒸気が)自動的に出るようにしておけという指示はしてあった」

 「(開いたかどうかは)分からないんですよ。本当に分からない状態で操作しているんです。本来、確認すべき監視項目が何も見られない状態ですから。あたかも完璧な原子炉でベント(排気)するようなイメージで話をされると、これもまたムカつくんですけど




[調書は語る 吉田所長の証言 (6) 3号機も水素爆発  ものすごい恨みつらみ 2014.9.22.]の続きを読む

テーマ:放射能汚染 - ジャンル:政治・経済